2010年第2回スクーリング

「中医不妊症テレビお茶の間講座(子宝ぱんだ)」の今年2回目のスクーリングが、8月21〜22日に東京・銀座にて2日間にわたって開催されました。

1日目は、医学博士・国際医療技術研究所IMT College理事長の荒木重雄先生をお迎えして、「生殖医療に関わる疑問に答える」と題し、我々が事前に提出した12の質問について、様々なデータを交え、とても分かりやすくお答え頂きました。

1008スクーリング:荒木先生荒木重雄先生のプロフィール
医学博士。国際医療技術研究所IMT College理事長。日本生殖医療研究会会長。
昭和41年札幌医科大学卒業後、米コロンビア大学医学部にて生殖内分泌を学ぶ。昭和49年コロンビア大学医学部常任講師に就任。帰国後自治医科大学生殖内分泌不妊センター長、自治医科大学看護短期大学教授を歴任。
現在は、日本生殖医療研究協会会長としてわが国の生殖医療を率い、不妊カウンセラー、体外受精コーディネーターの養成に力を注いでいる。
著書:「不妊治療ガイダンス」「体外受精ガイダンス」など多数


 翌日は中医学講師の河野康文先生・王愛延先生による「男性不妊」に対する対応策を、医学部での学術論文等の資料や症例をもとに学びました。
 症例検討では、現代医学では特に決定的な治療法のない精子の数や運動率の低下・精力減少などの「男性不妊」の素因となる症例と、妊娠に至った症例の紹介があり、漢方薬の有効性に希望を感じるものでした。
 男性側のケアや漢方薬と養生法の両面からのサポートの重要性を改めて、感じる大変意義のある勉強となりました。

 当日は、全国各地から60名を越える薬局・薬店の先生方が参加されました。
赤ちゃんが欲しい方は、日本中医薬研究会会員店の子宝ぱんだのお店でご相談下さいね!

1008スクーリング:会場の様子
kodakarapanda * 勉強会の模様 * 17:11 * - * - * - -
このページの先頭へ